寮ありの職場で働くメリットと注意点について紹介

安く住むことができるのがメリット

会社の中には、従業員のために寮を完備している職場も存在します。寮が完備されている場合だと、寮に空き部屋があれば従業員が自分の家として住む事が可能です。寮に住む事になると初期費用や家賃が安い事が多いので、安く住むことができるのが1つのメリットです。賃貸住宅に住む時には、家賃が高いと生活の負担になる事がありますよね。特に新人で収入が少ない場合だと、家賃の負担が大きく節約生活をしなければいけない事もあります。

しかし、寮だと家賃が低く設定されている事が多い分、生活に負担がかかりにくいという事です。これにより、余裕を持って生活する事ができて頑張って節約しなくても十分暮らす事ができます。特に給料が高くない職場で働く時には、寮が完備されているとかなり助かりますよね。

寮に住む時には一度見学をする事が大事

就職や転職した時に会社の寮に住む時には、住む前に必ず見学をしておきます。寮の家賃が安いからといって見学せずに住むことになると、自分と想像していた住まいと違うという事で後悔する事があります。安さだけで、寮に住む事を決めない事が重要です。見学することによって、部屋の中の間取りや設備などを詳しく見る事ができます。さらに、老朽化している部分があるのかもチェックする事ができるので自分がここで長く住むことができるのかを判断する事ができますよね。

ただ、現在寮が満室だった場合は、すぐに見学する事が難しいです。その場合は、寮の中の写真や間取り図などを見せてもらって判断します。

工場で働きたい場合には、綜合キャリアオプションで応募すれば家具つきのワンルームの寮を提供してくれます。