外資系に転職するなら知っておきたい「求められるスキル」とは?

もちろんある程度の英語力は必須条件

一般的な日系企業に比べ平均給与が高く、グローバルな活躍が期待できる外資系企業への転職希望者は後を絶ちません。一つの求人に対しての応募者も多く、入社するには狭き門をくぐる必要があります。そこで注目すべきなのが外資系企業が求める人物像です。どのようなスキルを持った人材が求められるのかをしっかりと把握しておけば、面接などで自分を効果的にアピールすることができます。

外資系企業への転職に役立つスキルを考えると、真っ先に思い当たるのが英語力でしょう。もちろん外資系企業では海外の企業との交渉はもちろん、社内公用語が外国語という企業も少なくありません。外資系企業に転職を考えているのであれば、英語力を鍛えておくに越したことはないでしょう。

求められるのは自立心と強い向上心

外資系企業に転職をする際に大きな力となるのが、仕事に対する自立心や向上心です。外資系企業では個人の仕事が高く評価されます。そのため、自身でしっかりと自己管理をし、結果を出せる人材が重宝されるようです。また終身雇用の無い企業も多く、年齢に関係ない実力主義の中で存在感を示すことのできる人材が求められます。

柔軟性のある思考も大切

外資系企業では、様々な国籍の人と共に仕事をします。様々な文化を持ち、それぞれ特別な考えを持つ人々の中で凝り固まった古い考え方を押し通すことは、チームの和を乱し、軋轢をうむことにもなりかねません。自身の考えをしっかり持った上で相手の考えも尊重できる柔軟な思考が、仕事上でのコミュニケーションを円滑に進めるためにも重要視されているようです。

外資 IT企業の世間一般のイメージとしては、高学歴のエリートが働いていて、給料も高額であるといった感じです。能力主義の評価制度となっているところが多く、常にスキル向上が必要な側面もあります。