役員の運転手にはどうやったらなれる?給料のもらい方は?

タクシー会社から派遣されて行う

車の運転が好きな人にぴったりの仕事としてタクシー運転手があります。通常タクシー会社に勤務すると一般旅客向けとして仕事を始めますが、ある程度経験を積むようになると専属運転手として派遣してもらえる時があります。専属運転手は会社の役員や国会議員、その他の著名人などと契約に基づいて運転を行う仕事で、誰でもできるわけではありません。通常の業務において接客態度が良好で、車輛の扱いが丁寧などの点が認められた時にこの仕事を選択できる権利が与えられたりします。派遣されて行うときはあくまでもタクシー会社との契約になるので、給料はタクシー会社から支払われます。会社役員であれば基本的には仕事関係の送迎が業務の中心になるでしょう。

会社に直接雇用されて行う

それぞれの会社にはいろいろな仕事をする人がいて、会社を経営する役員の他に実際に業務を行う社員などもいます。社員の中には営業や経理を担当する人の他、役員のスケジュールを管理する秘書などがいるところもあるでしょう。役員は非常に忙しいので移動に車を使うケースが多く、安全面などから専属の運転手を利用するケースがあります。専属の運転手の中には勤務する会社に直接雇用されて行うケースがあり、求人などを見ると一般の会社から運転手として募集があるので興味がある人は探すと良いでしょう。一般の会社の運転手なのでタクシー運転手のように旅客業務を行うための免許は不要なケースがあり、運転に自信がある人であれば誰でも応募ができます。

会社で役員用の運転手を雇うなら運転手の派遣が良いでしょう。コストダウンだけではなく、運転技術、対応能力の高い運転手が来てくれます。