プラントエンジニアの仕事に就くために必要な経歴や能力をチェックしよう!

管理職の経験がある技術者を優遇している企業が多い

プラントエンジニアは、製造業の生産拠点において重要な役割を果たすことが期待されており、特に国内外の大手の機械類や化学製品などの工場での勤務経験がある人材が重宝される傾向が見られます。最近では、工場内でプラントエンジニアとして管理職を務めた経験がある人を高待遇で中途採用している企業の数が増えており、実務経験の長さやスキルの高さによっては、一千万円以上の年収を得ることも可能です。また、プラントエンジニアに求められる経歴や能力については、各企業の経営方針や主な事業の種類などに大きく左右されます。そのため、プラントエンジニアの求人に応募する際は、事前に志望企業の特徴をじっくりと確認することが大事です。

第二新卒者の受け入れが活発な企業も増えている

経営的に余裕があるメーカーの中には、ポテンシャルが高く意欲のある第二新卒者を積極的に受け入れているところが少なくありません。こうした企業でプラントエンジニアの見習いとして働き始めることで、近い将来に大規模な工場で生産設備の設計や点検、保守などの責任のある仕事を任せてもらえることもあります。また、海外に多くの拠点があるメーカーでは、若年層のプラントエンジニアを対象に、数年の海外駐在を命じているところもあり、キャリアアップのために貴重な体験をすることも可能です。なお、プラントエンジニアとして順調にスキルを磨くうえで、研修期間中に様々な種類の工場で研修ができるところや、先輩のエンジニアに業務中の様々な場面でサポートしてもらえるところを職場に選ぶことがおすすめです。

特殊な仕事であるプラントの転職を希望する場合の転職活動では、プラントを中心として求人情報を取り扱っているサイトがありますので、ここを利用しましょう。