採用担当者が知っておきたい新卒採用のコツとは?

応募者のビジネスマナーを見る

採用担当者は、新卒を採用する時には少しでも成長して会社に貢献してくれる人を採用していく必要があります。新卒の貢献度は、ライバル企業との競争に響いてきます。もし、新卒が優秀な人材に育たなかった場合は、将来会社全体の仕事の成績が悪くなる可能性がありますね。そこで、新卒採用のコツは、ビジネスマナーが身に付いているのかを見る事です。例えば敬語や礼の仕方、服装などを小まめにチェックして社会人として相応しいのかを判断します。正しい敬語を使っている、服装もスーツで汚れなどが一切ないなど良い部分ばかりだと、ビジネスマナーを身に付けてそれをうまく実戦している人材である可能性が高いので、社会人としての意識が強いです。社会人としての意識が強いと、責任を持って仕事に取り組んでくれる可能性が高いです。

資格も1つの判断基準に入れる

新卒採用のコツは、資格も1つの判断基準に入れる事です。世の中にはさまざまな資格があり、就職を目指している人の中には少しでもアピールしようと自分に役立つ資格を取得している人もいます。その中には難易度が高いものもあり、努力をしなければ取得出来ないものがあるのです。つまり、難易度が高い資格を取得している人は、それだけ努力してきた証拠なので、その部分を高く評価する必要がありますね。努力をする人は、仕事においても努力してくれて会社に貢献してくれる可能性が高いです。しかし、難易度が低い資格ばかりを取得している人に対しては、高い評価をしない事も必要です。難易度が低い資格ばかり取得している人はチャレンジ精神が乏しいです。

新卒採用コンサルティングとは、新卒採用に関しての情報収集や情勢分析などを行う会社です。面接・選考のアドバイスなども行っています。